Swaying

Swaying / Maki Hamanaka

2021.2.17 – 28

準備中  junbicyu.com

学芸大学駅の準備中にて、浜中マキ個展 “Swaying” を開催します。本展ではペインティングや写真などの新作を展示します。近年は自身の高山で働くライフスタイルから、そこで見聞きし感じとる現象をテーマとしています。ぜひご高覧下さい。

 

Swaying

深山前胡(ミヤマゼンコ)はセリ科の一種で高山地帯に広く分布し辺りに白い花を咲かせる。         随分前から私はこの白い花を気にしていたが、名前を特に調べることもなく眺めていた。後々この花の名前を教えてもらう事が出来たが相変わらず白い花の点々とした群生が目に映っていた。名前も分かり視覚的にも満足を得ているにも関わらずまだ捉えきれない部分があるらしい。この事を私はずっと考えていた。        山開きから日照時間が長くなって花の背丈は目に見えて高くなり風にゆらゆら揺れていた。

「神事では、紙垂を振り空気を振動させエネルギーを増幅させることを”魂振り”と呼ぶ。この振動は、人が手を振る所作など身近な所にも現れる。」                                 そう聞いた事がある。                                        風に揺れる白い花の存在が気に留まったのは白い花の振動もそれと重なるものがあったのだろう。揺れている花の振動も何かを増幅させこちらにも届いてくる様に感じられたのかもしれない。              私の視覚は白い花だけを見ていたのではなくその振れにより花の周りで纒わる様な空気の粒子までクローズアップされたように感じている。

デザインしてもらっていた今回の個展のDMが届いた。それぞれに作品が印刷された31セットの薄い紙で出来たものだった。私はアトリエでこれを3つの山にして置いて眺めていた。ある日、窓を開けたらそれは風に飛ばされて部屋中を舞った。音がして振り返った時に大方その紙は地面に落ちようとしていたがそれは私の〈不可視ではあるが存在を感じ取れるもの〉の輪郭を一瞬形作るものだったと思う。それから私はこのDMを紙垂の様にも思っていた。

〈揺れをひきおこすもの〉に私が意味を感じる事が出来るのは、一種の言語の様な表象があるからである。   実在するものに起因する現象が個人的な領域に働きかけていると感じる。

 

 

Swaying

Miyamazenko is a Japanese Alpine plant which belongs to the parsley family, and its white flowers can be commonlyseen in high mountains.
I noticed this flower long ago but never looked up its name. Even after learning the name of the plant, the flower remained only a cluster of white dots to me. There was something more about this plant than knowing
its name or the visual satisfaction I receive, and I had been wondering what it could be.

Climbing season had begun, sunlight was getting longer, and the plant grew taller, swaying in the wind.

I have heard that in Shinto, shaking the Shide to energise the divine spirit is called Tama-Furi. This swinging motion can be seen everywhere in daily lives, such as in waving hands.
The swaying white flowers may hold something similar to the Tama-Furi, and I must have been feeling that. It was as if the flower was reaching into me with a resonating vibration.               I wasnʼ t just seeing white flowers but also seeing particles swarming around it, being energised by its swaying.

The flyer designs for this exhibition arrived. A set of three different art works on thin paper, which I arranged in three separate piles in my studio to look at. One day, I opened the window, and the papers blew around the room. I caught sight of the papers just before they settled on the floor, and I momentarily grasped “the sight of an invisible existence” . After that, those flyers have become like Shide to me.

I find meaning in the things that “cause swaying” because there is an element of language within them. Their presence prevails from actuality and influences personal existence itself.
                                

                                                                                                                                  Translation Ayako Strachan